「真多呂人形」どこか懐かしさを覚える、品の良い顔立ち―― - 癒し人形館

RSSホーム

「真多呂人形」どこか懐かしさを覚える、品の良い顔立ち――

「木目込み人形」をご存知だろうか。

今からおよそ260年前の江戸元文年間に、

京都の上賀茂神社に仕えていた高橋忠重という人が作った

小ぶりの人形がその始まりとされ、

鴨川のほとりの柳の木を素材に木彫をほどこし、

そこに溝を掘り神官の衣裳の端切れをきめこんだものだったという。

「木目込み人形」の技を継ぎ、
磨き上げられた伝統技法を現代に伝えるのが真多呂人形だ。



タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
Copyright © 癒し人形館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。